インフォウェブ

インフォウェブはウェブサイトのディレクトリ登録サービスやウェブサイトの紹介を行なっております。

貸金業法改正

近年、複数の貸金業者から自分の力では返済できないほどの借金を抱え込んでしまう多重債務者が増加して、深刻な社会問題となっています。
彼らは借り入れを繰り返すうちに、返済のための借り入れをするという悪循環に陥って抜け出せない状況で、弁護士などの専門家の力を借りて法的手段を用いた債務整理が必要となっています。

この問題の根本的解決を目指して、従来の“貸金業の規制等に関する法律”が改正されて2006年には“貸金業法”として施行されました。

これは、消費者金融などの貸金業者が業務を行う際の規制を強化したもので、まず金融業者には登録制がとられるようになりました。

貸金業法が制定されるまでは、登録制ではなく届出制で貸金業を行うには届出をするだけで済んでいたために“高金利・過剰融資・過酷な取り立て”といった悪質な営業を行う業者が増えて、犠牲者が後を絶たない状況が続いていましたが、これによって政府による救済活動が本格的になり、違法とされていたグレーゾーン金利での貸し出しの禁止や、さらに執拗な取り立てを禁止してヤミ金融に対する規制も強化されました。

この改正には利息制限法や出資法も含まれていて、2010年の改正貸金業法の完全施行とともに改正利息制限法や改正出資法も施行されることになり、出資法の上限金利がこれまでの29.2%から借入額に応じて15〜20%に引き下げられて、長年債務者を苦しめ続けてきたグレーゾーン金利はやっと撤廃されることになりました。