インフォウェブ

インフォウェブはウェブサイトのディレクトリ登録サービスやウェブサイトの紹介を行なっております。

離婚の方法について≪協議離婚≫

HOMEその他のウェブサイト, 記事一覧 > 離婚の方法について≪協議離婚≫

結婚は当事者同士で考えているうちはまだ、悩んだりする余裕もありますが、話が双方の両親にまで行くともう当事者はそっちのけで“勢いにまかせて”話がどんどん進み、後戻りできなくなるようなことも多いものですね。

そして、結婚後も順風満帆に幸せな夫婦生活を送っている人もいますが、中にはお互いに不満が蓄積して一緒に暮らすことによって人生が行き詰り、離婚を決断しなければならない夫婦もいます。

“離婚には結婚の何十倍、何百倍もの労力と時間がかかる”とよく言われるように、家や財産分与、子供の親権など数多くの問題もあって、離婚成立後もなお精神的なダメージを抱え続ける人も多いようです。

また離婚の進め方としては、約90%は“協議離婚”というもので、離婚届に夫婦が必要事項を記入して署名、押印し、それを市区町村役場に提出して受理されればその時点で離婚は成立します。

ただし、子供の養育費の支払いや財産分与、慰謝料などといった金銭が絡むことに関しては口約束だけで終わらせると「言った」、「言わない」ということになり、離婚後にトラブルが起こることも多いために弁護士法人などでは、それらの支払い方法や支払い金額、支払い期日などを“離婚協議書”という形で書面に残しておき、さらに支払いが滞った場合を想定して強制執行を行うことのできる“公正証書”にしておくことを勧めています。

とにかく費用をかけずにしたいから、“離婚協議書”も自分たちで作成するという人も多いようですが、やはりより確実な協議書にするためには弁護士などのプロに相談する方が良いと言われています。