インフォウェブ

インフォウェブはウェブサイトのディレクトリ登録サービスやウェブサイトの紹介を行なっております。

協議離婚ってどんなもの?

HOME生活・文化, 記事一覧 > 協議離婚ってどんなもの?

愛し合って結婚をしても、さまざまな理由で離婚に至るケースは多くあります。

一緒に暮らしている以上、双方それぞれに原因や責任といったものがあるでしょうが、双方の言い分の食い違いのすべてを認め合って離婚するというのは、やはり難しいことであると言えるでしょう。

しかし、それでも離婚でなるべくもめたくはない、と思う人が大半であるため、離婚のうちの90%以上は、この協議離婚になります。

協議離婚というのは、基本的に夫婦で話し合うという方法ですので、離婚をする一番良い方法であるとも言えるでしょう。

もちろん、協議離婚をする際にも弁護士のサポートは欠かせませんが、二人で親権や養育費、財産分与や慰謝料についてなど、決めるべきことを決めて合意する方法になります。

協議離婚で解決する場合にも、弁護士は協議離婚書の作成などを請け負ってくれますし、二人の間で取り決めたことを、きちんとした形で認めてもらえたことになるので、あとで「約束した」「そんな約束はしていない」というもめごとやトラブルを防ぐ役割もあります。

協議離婚の場合には、基本的に二人が離婚に合意をしているということになりますので、親権や養育費、財産分与や慰謝料について決めた後に、離婚届を提出することになりますが、二人の間に未成年の子どもがいた場合には、離婚届にどちらが親権者であるのかをきちんと記載しなくてはなりません。

親権者がどちらであるか記載されていないと、離婚届は受理されませんので、注意が必要です。