インフォウェブ

インフォウェブはウェブサイトのディレクトリ登録サービスやウェブサイトの紹介を行なっております。

安全靴と履き心地

HOME生活・文化, 記事一覧 > 安全靴と履き心地

靴というのは、その履き心地が気になるものですし、足に合わない靴を履いて作業をしたりするのはしんどいことですので、安全性を求めることはもちろんですが、それだけでなくやはり安全靴にも履き心地の良さというものを求めるのではないでしょうか。

安全靴は安全性を高めるために、靴の先芯や中底などが鉄板でできていますので、安全靴は一般の靴に比べると安全靴の重量は重くなりますが、しかし、安全靴を履いてスポーツなどをするわけではありませんので、重量が多少重くなること自体は、安定性も増しますし、悪いことではありません。

安全靴というと、なんとなくブーツタイプのものなどを連想する人が多いかもしれませんが、一口に安全靴といってもさまざまな形やタイプのものがありますので、自分が安全靴を使う環境を考えて、自分の足に合ったものを選ぶようにすると良いでしょう。

安全靴には、ブーツタイプのものの他に、見た目は一般的な長靴のような形のものもあれば、半長くつや短靴のもの、それ以外にはスニーカータイプのものはスリッポンのような形状の、前ゴムのシューズタイプのものなどがあります。

靴の形に合う、合わないがあるというのは、とくに安全靴に限ったことではありませんので、履き心地が良くないと感じたり、足に合わないかもと思ったりした場合には、中敷などを購入して調整を行うようにすると良いでしょう。

安全靴が必要な現場では、足元が危険な場所も多くありますので、ぜひ、自分の足の形に合った、安心して作業に取り組むことができる靴を履くようにしましょう。