インフォウェブ

インフォウェブはウェブサイトのディレクトリ登録サービスやウェブサイトの紹介を行なっております。

必ずしも欲しいとは限らない

HOME生活・文化, 記事一覧 > 必ずしも欲しいとは限らない

街に出てウィンドウショッピングを楽しんでいると、ジュエリー関係のお店にたどりつく事もあるでしょう。

そこで指輪などを見て、ペアリングなどが欲しいなと思う人も少なくないはず。

多くの人の憧れにもなっているものなので、確かに人にもよりますが、結構気になる人も多いのではないでしょうか。

そんな時、ただ「この指輪可愛いね」とか「この指輪似合いそう」などと言うだけでは、恋人から「そうだね」とか「ふーん」くらいで終わらせられてしまう可能性もあります。

ペアリングが欲しい場合は、素直にそれを言葉にする事が大事だと思います。

もしも運よく「じゃあ、買ってあげようか?」とか「似合うし買ってあげるよ」と言われても、ペアリングを意識していたわけではないから、自分の分だけ買われてしまったりなんて事もあります。

自分が欲しいと思った場合は、相手に伝えてみましょう。

男性は特にこういうものに疎かったりすますので、女性のほうから声をかけてみるほうが確実かと思われます。

男性のほうも、女性だったら誰もがジュエリーが好きだろうと思っているのであればそうでもありません。

彼女に言ってみて、反応を確かめてみましょう。

実際ペアリングはあまり好きではないという人も居ます。

サプライズとしてペアリングを用意するのも良いですが、せっかく二人で付けるのですから、お互い相談してみるのも良いのではないでしょうか?