インフォウェブ

インフォウェブはウェブサイトのディレクトリ登録サービスやウェブサイトの紹介を行なっております。

子宮内膜炎と性病

HOME美容・健康・医学, 記事一覧 > 子宮内膜炎と性病

“子宮内膜炎”は何かの拍子に細菌が子宮内に入って、内膜に感染し、炎症を起こす病気で、よく“子宮内膜症”と混同されることがありますが、 “子宮内膜症”は子宮内腔以外の卵管や卵巣などの子宮の周辺組織に子宮内膜が増殖して毎月の生理と同じように内膜がはく離して出血が起こるというもので、“子宮内膜炎”とは全く異なっています。

“子宮内膜炎”は“細菌”によって引き起こされる病気で、大腸菌や腸球菌、結核菌、連鎖球菌、ブドウ球菌、さらには淋菌やクラミジアトラコマティスといった性病の病原菌によって起こることもあります。

また、子宮内膜炎には加齢によってホルモンの分泌量がへり子宮の自浄作用が低下することによって起こる“老人性子宮内膜炎”、下腹部に激痛を伴う“急性子宮内膜炎”、子宮内に侵入した細菌が子宮筋層にまで達して炎症が広がる“慢性子宮内膜炎”の3種類がありますが、特に女性はクラミジアや淋病に感染しても症状がないことが多いために、感染の初期にしっかり治療をしておかないと“慢性子宮内膜炎”を引き起こし不妊症の原因になることもあるので、早期発見・早期治療が大切です。

子宮内膜炎の症状は発熱や下腹部の痛み、不快感、腰痛の他に不正出血や黄色くて膿のようなおりものが出るなど、クラミジアや淋病の症状よりもはっきりとしていますので気になる場合にはすぐに婦人科での診察を受けるようにしましょう。

子宮内膜炎が起こってから、性病に感染していることが分かるというケースも多いようです。