インフォウェブ

インフォウェブはウェブサイトのディレクトリ登録サービスやウェブサイトの紹介を行なっております。

監査法人のM&A 監査法人の業務について

HOMEビジネス関連, 記事一覧 > 監査法人のM&A 監査法人の業務について

監査法人とM&Aについてちゃんと理解するには監査法人、M&Aそれぞれについても少しは知っておかなくてはならないと思いましたので、監査法人、M&Aについて自分なりに書いていきたいと思います。

監査法人の業務についてここでは書きたいと思いますが、監査法人の業務とは簡単に言えば、会社や他の人からの依頼に応じて財務の書類の監査や証明を監査法人全体で行うことです。

主な監査法人の業務については監査や証明することを目的とする場合が多いですが、その他にもその財務の書類などを通じてその会社や人に対するコンサルティングをすることもあります。

財務を見ればその会社や人の経営状態が分かってしまいますから確かに的確なアドバイスが出来そうです。

他にも公認会計士を育てる実務に関する仕事も請け負うのが監査法人の役割です。
ただ最近では仕事のグローバル化が著しいため国際的な目線から行う会計の監査が必要になってきたため、専門的になってきていくつかの監査法人が独占して監査証明業務を行う傾向にあります。

その他の監査法人に関しては、株式の公開業務をおこなったり、任意監査を行ったりするほか、監査や証明というよりもアドバイザーやコンサルティングとしての仕事が増えてきて、そちらの方に仕事をシフトしている監査法人も多くあるようです。

監査法人のM&Aと知るためには監査法人とM&Aについての意味を知った方が良いと思いましたので、監査法人、M&Aについて調べてここでは監査法人の業務について書いてみました。