インフォウェブ

インフォウェブはウェブサイトのディレクトリ登録サービスやウェブサイトの紹介を行なっております。

労使紛争

企業にとって、人材は財産のひとつですが、必ずしも最高の職場環境を与えてあげることができないというケースもあります。

企業と人との関係は、契約によって結ばれていますので、その契約をお互いがどのくらい守っているのかというのも、とても大切な部分であるといえるでしょう。

ただ、企業という大きな目から見れば些細なことであっても、個人という立場から見ると譲れないということもたくさんありますので、お互いの立場にはある程度の譲り合いの心は必要であるといえます。

たとえば、ちょっとした残業時間の問題や就業規則の問題、内部の社員同士のトラブルなど、はじめは「大したことじゃない」と気にしないまま放っておいて、後々になってから労働組合を巻き込んで大規模なトラブルに発展するというようなケースもあります。

企業を作っているのは「ひと」ですので、このようなトラブルが企業経営の根本を揺るがすような大問題にならないとも限りません。

従業員から労働審判を起こされるケースというのもありますので、企業は普段から小さな問題でも放っておかず、普段からささいな不満なども吸い上げておくことが必要ですし、大規模なトラブルが起きそうな気配を感じたら、企業の弁護士にこまめなフォローをお願いすることも大切です。

もちろん、労働訴訟を起こされてしまったら、いかにスピーディーに対応して、解決するかということが重要となってきますので、普段から企業で働いている人たちがどのような気持ちであるのかということをしっかりとヒアリングしておきましょう。