インフォウェブ

インフォウェブはウェブサイトのディレクトリ登録サービスやウェブサイトの紹介を行なっております。

任意売却を行う場合の値引きについて

HOMEビジネス関連, 記事一覧 > 任意売却を行う場合の値引きについて


分譲マンションなどを任意売却する場合、値引き販売がされるのは必ずあると思っておきましょう。景気がよくない時代ですから、できるだけ安い買い物をしたいと思う人は多いです。ですので、購入する側も、提示された価格からいくらになるかを最初から考えて交渉にあたってきます。もちろん、納得がいかない価格であれば断ることができますが、見積の価格にこだわっていると、売れのこってしまうことも考えられます。タイミングを間違えないように妥協することも必要です。
分譲マンションの場合の売買契約手続きは、「重要事項説明書」が不動産会社で作成され、売り主、不動産業者、購入者が同席して、不動産業者が説明を行ないます。これに納得したうえで署名したら売却の手続きは全て終了です。
分譲マンションの売却で利益が出た場合には、一時所得として所得税がかかります。しかし、任意売却を債務整理の一環として行った場合には、もし利益があっても、マンション購入時の借金の支払いに充てることで利益が出ないと認定されます。所得税はあくまでも純利益が出た場合です。他にも税制優遇措置によって、実際にはたくさん利益が出ないと税金を支払うことは無いでしょう。逆に損金が出た場合には、サラリーマンであれば給与分から支払われる所得税の一部が還付される場合もあります。これは自己申告なので、確定申告市内と戻ってきません。
分譲マンションを売却する場合には、タイミングを誤れば損金が出て、借金が増えることにもなりかねませんので注意しましょう。