インフォウェブ

インフォウェブはウェブサイトのディレクトリ登録サービスやウェブサイトの紹介を行なっております。

大阪の交通事故事例

HOMEビジネス関連, 記事一覧 > 大阪の交通事故事例


大阪の交通事故事例をいくつか見ていきましょう。夜、片側2車線の道路を横断しようとしていた自転車に車が衝突したという事例です。自転車に乗っていたAさんは横断歩道を渡っていましたが、歩行者用の信号は赤で、Aさんは交通違反をしています。ところが、夜間で交通量が少なかったため、Aさんは横断できると考え、横断をしてしまったのです。ところが、考えていた以上に車が多く、途中で引き返そうとしたところ、乗用車が交差点に進入してきたのです。
この場合、赤信号を無視して横断してきた自転車側に主たる事故原因があります。自転車の信号無視が原因で事故になり、相手に損害が発生した場合は、自転車の責任が問われることもあります。夜間は見通せる距離も短く、自転車、車の双方が確認できる距離もそれだけ短くなるのです。ですので、昼間以上に交差点での注意は怠らないようにする必要があります。一方、夜間には交通量が少ないため、ついつい高速運転のまま、無警戒に交差点内に進入することもあるかと思いますが、見通しが悪い上、制動距離も長くなるので、夜間、特に深夜の場合には、制限速度を守る、ぼんやりして運転しないといったことが必要です。交差点に接近したときは、信号が青でも、周りの様子をよく確認して通行する必要があるでしょう。
自転車で夜間走行する場合には、反射材を自転車のペダル部分だけでなく、前後にも取り付け、ライトを点灯させて走るようにしましょう。