インフォウェブ

インフォウェブはウェブサイトのディレクトリ登録サービスやウェブサイトの紹介を行なっております。

過払い金請求と任意整理


このややこしい仕組みですが、過払い金請求と任意整理というのは一般的にセットでありながら法律的には全く別のものだということなんです。
過払い金返還請求とは、借金を返済している過程で、払いすぎた金利分(過払い金)を返してください、と借金をした業者に要求するものです。一方任意整理とは、借金はあるけれど、最初に設定した返済金額では月々の返済が払えないので、金利支払いを待ってもらう、あるいは一部債務を免除してくださいよ、とお願いするものです。
普通の人は、借金もある代わりに貯金や土地、株式などを所有し、財産を持っています。もっとわかりやすく言い換えましょう。大企業はたくさん借金をしています。何千億のお金を動かして事業をしています。ところが、それ以上に工場の敷地や都心の本社ビル、財務管理をしている部署では株式などを運用して利益を出しています。このような利益や財産を全てお金に換算すると借りている借金よりも多くなるのです。もしこれが逆になって、借金の方が多くなると債務超過となり、銀行はお金を貸してくれず、信用もなくなって倒産や破産ということになります。
個人の場合も同じで、債務整理を行う場合には、借金の残高と資産の見直しを行うことになり、過払い金返還請求と債務整理を同時に行うことになります。つまり、過払い金返還請求の弁護士費用と、債務整理の弁護士費用の両方をとられるか、どちらか報酬の高い方を請求してくるケースもあります。