インフォウェブ

インフォウェブはウェブサイトのディレクトリ登録サービスやウェブサイトの紹介を行なっております。

経済的利益とは

HOMEビジネス関連, 記事一覧 > 経済的利益とは

弁護士に仕事を依頼する際に必要な費用には、着手金と成功報酬とがありますが、これらを算出する基準となるのが“経済的利益”というものです。

これは被告側になった場合と原告側になった場合でことなりますが、まず被告側になった場合を見てみると、たとえば相手か1,000万円の慰謝料を請求され多場合にあなたが弁護士に和解を依頼して、その結果600万円で和解が成立したとすると400万円ほど減額できたことになります。

そこで“成功報酬”を計算する際には経済的利益400万円ということになり、対象となる金額が300万円〜3,000万円の場合その経済的利益の10%+18万円であることから、≪400万円の10%+18万円=58万円≫が請求されることになります。

一方“着手金”の計算においては、群馬などでも減額に成功した400万円を経済的利益とする弁護士もいれば請求額の1,000万円を経済的利益とする弁護士もいて、前者では対象となる金額が300万円〜3,000万円の場合その経済的利益の5%+9万円であることから、≪400万円の5%+9万円=29万円≫が請求されることになり、後者では≪1,000万円の5%+9万円=59万円≫が請求されることになります。

両者の金額の差はかなり大きいので、契約を結ぶ前に何を経済的利益の額にするかを確認しておく必要があります。

また原告になって相手に慰謝料を請求する場合には、単純に着手金は1,000万円を、成功報酬は600万円を経済的利益として計算されるのが一般的ですが、仮に訴訟前に加害者が500万円までなら支払う意思があるというのを公表していた場合、≪600万円-500万円=100万円≫を経済的利益とみなして成功報酬を算出する弁護士もいるようです。