インフォウェブ

インフォウェブはウェブサイトのディレクトリ登録サービスやウェブサイトの紹介を行なっております。

警察への届け出の大切さ

HOMEビジネス関連, 記事一覧 > 警察への届け出の大切さ

応急処置の次にすぐに行われなければならないのは、“警察への届け出”です。

けが人が出て消防へ連絡した場合、人身事故であればその時点で消防から警察へ連絡がいくようになっているので心配ありませんが、救急車を呼ぶほどの事故でない場合には大したことない事故だから大丈夫だろうと楽観視しすぎて報告を怠ると、後で面倒な事態に発展してしまうこともあるので、特に届け出の義務がある加害者は気をつけなければなりません。

群馬のある法律事務所に寄せられていた相談の中には、次のようなケースもありました。

……自転車と車とが道路で接触して自転車が転倒し、乗っていた男性が手をすりむく軽いけがをしました。

そこで車を運転していた加害者がすぐに警察に電話をしようとしたのですが、被害者は「警察に連絡するといろいろと面倒だから、届け出はしなくてもいい」と言い出し、結局届け出は行われませんでした。

ところが数週間後に被害者から加害者へ電話があって、「打撲もあったようで、体調が思わしくない」「病院にかかっているので治療費をみてほしい」ということが伝えられました。

このケースのように、被害者が届け出なくていいと言っても加害者に届け出の義務がなくなることはなく、後になって問題が起きると加害者は届け出義務違反に問われることがありますし、警察へ交通事故の届け出を怠っていると交通事故照明書の交付が受けられなくなって保険が下りなくなることもあるので気をつけましょう。