インフォウェブ

インフォウェブはウェブサイトのディレクトリ登録サービスやウェブサイトの紹介を行なっております。

指値注文

指値注文とは、通貨を買いたい価格と売りたい価格を、指定して取引する方法になります。

為替市場は絶えず上下を繰り返し変動を続けていますから、指値の値段が為替レートとかけ離れるほど、注文が成立する確率が低くなります。

つまり、そのレートが指値注文の金額に達しないと、いつまでも売買ができないということです。

「メリット」

・ 納得した値段で取引したい場合

・ 時間がない人でも、希望する取引価格での注文が可能である。

「デメリット」

・ 希望するレートまで相場が変動しない限り、何時まで経っても取引が成立しない。

・ 希望した レートと逆に相場が動いた場合、損失がでやすい。

例えば、1ドル=100円で買い注文をいれた場合、指値注文で1ドル=110円になったら自動的に売り注文が出るようになります。

成り行きの場合は、相場が荒れてくると希望通りのレートで取引することが困難になり、最悪の場合注文がすべることがありますが、指値注文で最初から売買金額を入れておくことで売買の確定がしやすくなります。

しかし、デメリットでも書きましたが、希望するレートまで相場が動かなく、逆に反発をして指値注文をいれておいたレートとかけ離れて行くことがあります。

このような場面では、知らない間に損失が莫大になる可能性もあります。

その場合には、逆指値注文を入れておけば損失が増えなくて安心です。

一般的に逆指値注文は、損失を確定させる取引に利用されます。

例えば、1ドル=100円で買いのポジションを持っていたと過程します。

指値注文の場合には、110円で売りを入れるようにします。

しかし、逆に1ドル=90円になったら売る指値注文を入れておけば、損失を拡大させることがなくなります。

つまり、損切りの役割を持っている注文方法です。